いつの間にか増えてる!首のイボが出来る原因は?

イボが発生する箇所はお顔だけではありません。
首や体にもできてしまう可能性があります。
イボの種類を問わず考えた場合、通常、体のどこにでも発生する可能性があると言われているのです。

 

首以外の体にできたのだとしたら、服で隠せるかもしれませんが、首のイボは隠しにくいかと思います。
冬なら服で隠せますが、夏場は厳しいものがありますものね…。
だからと言って、ファンデーションなどでオウトツ感を目立たなくさせるのも難しいかと思います。
そして、首のイボがあるだけで、何だか年齢肌のように見られてしまいかねません。

 

そんな厄介な首のイボは、一体、どういったことが原因で出来てしまうのでしょうか。

 

放置しておくと、いつの間にか増えてしまうかもしれません。
首にイボができる原因を知って、予防や対策に役立てましょう。

 

-首のイボができる原因
首のイボの正体は、顔のイボ同様、角質です。不要となった角質が何らかの原因により、排出されず、蓄積されていき、イボとなるのです。

 

これから主な原因を挙げていきます。
予防方法も合わせてご紹介します。

 

摩擦によるダメージ及びダメージの蓄積

首を擦ることなんて滅多にしない、と思うかもしれませんが、実は意外と日常生活の中で摩擦を起こしていることがあるのです。
案外、盲点かもしれませんね。

 

摩擦が起きる要因としては、例えば衣服です。
首を覆うような服を着ている場合、その服が首に擦れていることがあります。
マフラーやスカーフなども含まれています。
気にならないレベルであり、大した刺激ではなさそうに思いますが、少しでも摩擦が起きると皮膚にダメージが与えられます。
そのダメージは蓄積されるため、回復よりもダメージの方が上回ってしまった時、ターンオーバーの乱れを引き起こす要因にもなることがあるのです。

 

そして、要注意がアクセサリーです。ネックレスやチョーカーなどですね。
首にまとわりついて、摩擦を起こすこともあります。
着用している時は、あまり触らないようにしましょう。

 

また、入浴時やマッサージなどでも摩擦が生じる可能性がありますので、できる限り擦らないようにしましょう。
マッサージ自体は肌にとって良いことですので、行う際は、マッサージ用クリームなどのアイテムを使用してくださいね。

 

乾燥によるダメージ及びダメージの蓄積

乾燥も首のイボの要因です。
空気が乾燥している冬場はもちろん、夏でも乾燥してきたと感じたらすぐに対処しましょう。

 

乾燥によって、皮膚がダメージを負ってしまい、イボのみならず、肌トラブルが起きる場合があります。
そして、ダメージが蓄積され続けると、ターンオーバーの乱れにも繋がってしまいます。

 

乾燥を感じた場合は、保湿効果のあるジェルやクリーム、オイルなどを使用するのがいいです。
携帯に便利なタイプも販売されていますので、外出時にも、保湿できるようにしておかれることをおすすめいたします。

 

紫外線の浴びすぎ

紫外線の多い季節と言えば夏です。
夏場、首を覆うような服装は中々しないですよね。
ですので、紫外線を浴びる可能性が高まってしまいます。

 

なぜ紫外線がよくないのかと言うと、浴びすぎると、メラニンが過剰生成されて、ターンオーバーが乱れやすくなってしまうからです。
乱れてしまうと、不要となった角質をうまく体外へ排出できなくなります。
その角質は、蓄積されていき、やがて、イボとなってあらわれることがあるのです。

 

UV対策は必須です。
対策グッズには、日焼け止め、日傘などがあります。
他にも、UVカットの素材を使用している衣服も販売されています。

 

さらに、室内にいる時も、紫外線は入ってきますので注意が必要です。
お部屋で使えるUVカットグッズとしては、窓へ噴射するスプレーやカーテンなどがあります。
いずれも、お手頃な価格で販売されていますのでお試しください。

 

-まとめ
首にイボができてしまう原因として考えられることは色々とありますが、基本的に、全てはターンオーバーの乱れに繋がる、ということなのですね。
ターンオーバーを乱してしまわないためにも、そして、放置していつの間にか増えてしまうようなことがないようにするためにも、予防や対策をしておきましょう。

 

関連ページ

皮膚科での首のイボ治療の種類と治療費は?
突然出来てしまう首のイボ。実は老化現象の一つのようです。害はないとしてもやはり気になる首のイボはどうやって治療したらいいのでしょうか?皮膚科で治療できるようですが、どういった事をされるのでしょう?皮膚科での治療法をまとめてみました。
皮膚科医も認める!ハトムギの首のイボへの効果!
ハトムギが首のイボに良いそうです。調べてみると沢山の効果があるハトムギ。首のイボに対しても昔から知られており、今でも皮膚科で処方される程です。イボにどう効くのか、その他の効果と共に調べてみました!
出来てしまった首のイボの取り方まとめ
首のイボが出来てしまったらどういう取り方がいいのでしょうか?皮膚科に行くとどういう取り方があるのか?自宅でできる方法はあるのか?首のイボの取り方をまとめてみました!